2010年05月13日

「生物多様性かんさい」発足 自然保護9市民団体が連携(産経新聞)

 国連の生物多様性条約締約国会議が今年10月、初めて国内(名古屋市)で開かれるのを前に、関西を拠点に活動する自然保護関係団体が連携した組織「生物多様性かんさい」が設立されることになり12日、関係者が記者会見した。

 さまざまな生物が生息できる環境の保全を訴えている「日本野鳥の会大阪支部」(大阪市)や、環境にやさしい買い物を提唱している「ネットワーク『地球村』(同)」など9団体が参加。

 関西にはビワコオオナマズなど絶滅が危惧(きぐ)されている固有種も多く、各地域で周知を図っていく方針。ホームページも開設し、イベント案内といった情報の発信も進めていく。

 事務局を務める「森の都研究所」(兵庫県丹波市)の宮川五十雄代表は「いろいろな専門性を持つ団体が連携することで、関西の歴史と文化と生物多様性のかかわりなどを発信していきたい」と話している。

【関連記事】
生物多様性の損失止まらず 脊椎動物3分の1が失われたと発表
生きものが共存 田んぼは「命のゆりかご」
公平な利益配分に向け議定書作成へ 生物多様性条約で素案
多様性保全法案、環境副大臣と市民団体が意見交換
国連、MISIAさんを名誉大使に 生物多様性会議に向け

キャバ嬢から天引きの所得税を脱税 経営者逮捕(産経新聞)
新潟・群馬県境の巻機山、男女5人下山せず(読売新聞)
強盗被害の民家隣でまた緊縛強盗 栃木・小山(産経新聞)
民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で−日医連(時事通信)
農業の島に基地いらない=鹿児島市でも反対集会、徳之島移設で5千人−普天間問題(時事通信)
posted by ナリタ フミアキ at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。