2010年03月03日

「子の奪取」条約加盟へ環境整備=鳩山首相、岡田外相らが一致(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は25日、首相官邸で岡田克也外相、千葉景子法相と会い、国際結婚の破綻(はたん)に伴う一方的な子供の連れ去りの解決ルールを定めた「国際的な子供の奪取に関するハーグ条約」加盟に向け、国内の環境整備を着実に進めることで一致した。早ければ来年の通常国会での批准を目指す。
 欧米各国は、日本人の親による子供の連れ去りのトラブルが多発していることを受け、日本政府にハーグ条約への早期加盟を求めている。首相が担当閣僚を集めてこの問題を協議したのは初めてで、加盟に前向きな姿勢を対外的に示す狙いがあるとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

<普天間移設>社民党、3案に 九州「私案」で対応(毎日新聞)
<裁判員裁判>米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認(毎日新聞)
「生ぬるい」「絶対無理」…「全面禁煙」通知 遅れる対策(産経新聞)
<母子殺傷>38歳被告、改めて無罪主張 札幌で第5回公判(毎日新聞)
男2人週明け再逮捕へ 大阪・神戸連続宝石店盗(産経新聞)
posted by ナリタ フミアキ at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

立山カルデラ

鳶山と立山カルデラ 立山カルデラ 鳶山跡 白岩砂防ダムと土砂立山カルデラ(たてやまかるでら)は、富山県南東部の立山とは別にその近くにある立山火山の一部である。2007年に、富山県では魚津埋没林と共に、日本の地質百選に選定された。地理カルデラの広さは、東西およそ6.5 km, 南北およそ5.0 km. 立山火山の崩壊・侵食によってできた。以前、立山カルデラは弥陀ヶ原に広く厚く分布する火砕流が噴出したことにより、火山山頂部周辺が陥没して生成した「陥没カルデラ」であると考えられていたが、現在では「侵食カルデラ」であると考えられている。そのため、地質調査所主任研究官の中野俊など、カルデラとは呼びたくないと言明する研究者もいる。歴史約22万年前に立山西斜面の火山活動が始まる。その後、立山カルデラが生成し、侵食が進むにつれ弥陀ヶ原と五色ヶ原を分割する格好となった。1858年4月9日に発生した飛越地震によって、日本三大山岳崩壊と称される鳶山崩れが併発した。これにより、かつての大鳶山と小鳶山は完全に崩壊し、立山カルデラに大量の土砂が流れ込んだ。カルデラ内では立山温泉の温泉客と従業員が土石流により死亡。カルデラ外へはせき止められた常願寺川が、4月23日(旧暦3月10日)、6月8日(同4月26日)の2度にわたり決壊、3万石以上に相当する田地が土砂に埋まり、死者・流失家屋も多数。下流の平野部に大きな被害をもたらした。また、カルデラ内の登山ルートがなくなった。その後も度重なる災害が発生し、最近では昭和44年の豪雨により一部の箇所が大規模に崩落。後にカルデラ内の立山温泉がルート寸断により廃止に追い込まれた経緯がある。砂防工事飛越地震の後、土砂流出災害が度重なったため、富山県は1906年(明治39年)、国庫補助を受けて白岩砂防ダムより上流の砂防工事に着手した。しかし、この白岩砂防ダムも、1919年(大正8年)、1922年(大正11年)と続けて破壊されてしまった。そのため、富山県だけで本事業を行うのが困難となり、1926年(大正15年)、国直轄の事業に変更となった。その後、1931年(昭和6年)に千寿ヶ原?白岩間の砂防工事用トロッコ軌道(国土交通省立山砂防工事専用軌道)が開通し、資材輸送ルートが完成。1937年(昭和12年)には日本一の貯砂量をもつ本宮砂防ダム(国の登録有形文化財指定)が完成。1

「非出会い系」被害増加 福祉犯罪、9割が携帯から接続 警視庁(産経新聞)
新型インフル 輸入ワクチンを承認 大量在庫の懸念も (産経新聞)
<文科省>創志学園を処分 財源不足のまま大学新設(毎日新聞)
柳田邦男さん 伝記絵本を翻訳…マータイさん「感謝!」(毎日新聞)
八王子射殺 犯人履いていたスニーカー公開(毎日新聞)
posted by ナリタ フミアキ at 03:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

満潮、大潮で一層の警戒を=気象庁(時事通信)

 大津波警報が発表された青森から岩手、宮城にかけての三陸沿岸では、28日午後3時前後と3月1日午前4時前後に満潮を迎える。1日は満月で、潮位が高い大潮にも当たるため、津波が大きくなりやすい傾向があり、気象庁は一層の警戒を呼び掛けた。
 津波は水深が浅い場所で大きくなるため、船舶は沖合に避難する「沖出し」が行われることがある。しかし、津波到達時刻が迫っている場合、港湾での作業は危険という。 

【関連ニュース】
災害警備本部を設置=大津波警報で警察庁
青森、岩手、宮城に大津波警報=太平洋沿岸全域1〜3m予想
28日午後に津波到達か=日本の太平洋沿岸
犠牲者冥福祈り各地で式典=新婚旅行で被災の邦人も参列

生徒の父に出身中傷の手紙、高校教諭を逮捕(読売新聞)
厚労省案は「そのまま成案にはならず」−医療事故調で足立政務官(医療介護CBニュース)
<窃盗団>資産家狙い、被害1億円超か 福岡県警など逮捕(毎日新聞)
「竹島の日」記念日制定は考えず 官房長官(産経新聞)
イラン議長、原爆資料館を訪問=核は「全人類の脅威」−長崎(時事通信)
posted by ナリタ フミアキ at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。